ミネラル、どうやって?

同じテーマでリベンジ。6組ご参加いただきました。

こんにちは。
今日は先月と同じテーマで、
毎月の栄養指導日に合わせて
交流会を開催いただきました。
先月は大雨と
夏休み明け早々だったせいか
少な目のご参加だったのですが
同じテーマにもかかわらず
今月はたくさんお越しいただけました。
告知のお手間をおとりいただいた
クリニック受付さんと
藤谷宏子先生に感謝申し上げます。
禅問答のようですが・・

アレルギーの原因になる食品は
卵・乳・大豆など
体の成長に必要なたんぱく質を多く含む食品も多いですね。
当然ミネラルやビタミンも含みます。
鉄など、
赤ちゃんが体内に蓄積したが枯渇する
生後6か月以降離乳食を始めていくことで
食品から消化吸収する力をつけながら
体に必要な成分を取り込んでいきます。
その時期に特定の食品を避けることは
どうしてもミネラル不足が心配されるのも事実。
今日も、多くのアレルゲンを持つお子さんのお母さんが
貧血など心配で、とご参加くださいました。

大切なのは、とれる食品をこまめにとること
吸収を補完する食品を一緒にとること
なるだけあらゆる食品を食べて行くこと
貝や野菜の皮など
食べなくてもだしとして使えば
成分が溶出して摂取可能であることなどご紹介しました。

アレルギーがあることで
お食事に気を遣われたり
ご家族との兼ね合いもあったりと大変だけれども
その分手作りをされたり
お子たちが食べにくい食材も利用しようとされる工夫があったり
何より食に真摯に向き合う保護者の方の姿を示すことが
何より大切な食育と言えるかもしれない、とお伝えしました。

玉ねぎの皮や芯のだし調理法を紹介した時が
一番盛り上がったかな)^o^(
ご参加くださいました皆様、
ありがとうございます。
いつも拙い話でごめんなさいね。
また、交流会にご参加ください。
保護者の交流や息抜き、ほっとする会にできるといいな
と思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中