食べる意欲を育む離乳食・幼児食

dsc_5896399264604.jpg
メモと資料コピーです。根拠となる書籍を知っていただきたくて。

お久しぶりです。
新年度スタートしましたね。
桜も今年は気候に守られて
長く楽しめそうです。
ゆっくり季節を楽しみましょう。

さて、今日は7組のご家族にご参加いただいて
久しぶりに交流会を開催いたしましたよ。
タイトルは表題の通り。
常日頃皆様とお話するなか
離乳食の悩みの深さ・多さにわが身を思いだし
さらにはここ最近の潮流を皆様に伺い
何か核となる考え方がないものかと
今回主題にしていただいた次第です。

離乳食をいつ始めるべきか
という議論については
藤谷宏子先生の方から次のようなお話がありました。
「生後6か月頃、赤ちゃんが家族の食事を見て
よだれが出てきたり、口をもぐもぐさせるなど
食べたいサインが出てきたら開始の合図です。」

母乳の分泌量や、お子の体の変化
栄養状態など
全ての要素において
6か月頃がベストなタイミングであることを
個体差を考慮しつつ
大きく集約できたなと思います。

参加者の皆様からは
食べてくれないのはどうして?
食べ過ぎではないかしら?
つかみ食べをさせてみてもうまくいかない
好き嫌いがひどすぎてどうしたらいいかわからない
などなど

やはりこの時期の食にまつわる悩みが深く大きいと感じました。
藤谷クリニックでは定期的に保護者交流会を開催しつつ
月に一度の栄養相談でもお一人お一人に寄り添い
お話を伺うようにしております。
今回の概要をご参考に
うちの場合はどうしよう、と
お気軽にご予約下さいね。

結びに
今日ご参加くださった皆様にお礼申し上げます。
そして、当方今日は写真を撮影し忘れ
会場の様子を
お伝えしきれなかったことをお詫び申し上げます。

以下は、当日のメモです。ご一読ください。

食べる意欲を育む離乳食、幼児食
≪はじめに≫
・多くの方が悩んでいる。一人ではない「食べない」「食べすぎる」「これでよいのか」
・食体験が後々まで影を落とす事実(過食・拒食・コミュニケーション障害・好嫌い・生活習慣病)

≪離乳食の開始時期について≫
・いつがよいか
①4か月以降なら可能 果汁やお茶は不要☞栄養価的・心身の発達のために乳汁・ミルクを優先
②6か月には開始を☞母乳分泌・児の消化管発達・脳の発達いずれにおいても重要な時点
・どう食べるか
1回☞2回☞3回☞4回☞5回・・・母乳&抱っこしてミルクは「よりどころ」

・何を食べるか/進める順番とその根拠
①でんぷん・・・唾液腺発達を促す
②緑黄色野菜・・・ビタミン・ミネラル摂取と消化管発達を促す
③蛋白質(植物☞動物)・・・発育に不可欠・鉄の欠乏を防ぐ
④脂質・・・吸収・分解能

・どう食べるか/五感を育む食事;手づかみ・色・香・音・テクスチャー・環境・胃袋を育てる空気

≪幼児期にも通じる食の関わり≫
食べないときには
・形状を見直す☞とろみをつける・繊維を切る
・体調を観察する☞よく動く 笑うなら大丈夫
・外に遊びに行く・・・全身動かし新鮮な空気を取り込む/笑う 
良く食べるときには
・食べている中身を確認・・・偏っていないか?
・どんどん体を動かす・・・才能を伸ばす
やってはいけないこと
・強いること・食べさせないこと・単純糖質ばかり与えること
やってほしいこと
・観察・一緒に食べる・大人が食を楽しむ姿を見せる ・台所はスタジアム 食卓は人生の楽園
美味しさ一工夫
・旬を知る 意識する・だし(複数の野菜/昆布/かつおだし☞削り粉だし)
・下処理の工夫 
①酒・みりんの使い方
②振り塩 肉と魚の違い
③霜ふり
④青菜に油一滴

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中