災害時のアレルギー食の備え。

dsc_3463710986277.jpg
アレルギー対応の保存用食品情報。先生や患者さん保護者の皆さんが長きにわたって集めてこられているもの。

こんにちは、
9月に入り早々に
台風襲来。
数十年に一度の規模で
大阪の被害も甚大なものです。
皆様におかれましてはいかがでしたか?
停電、浸水、破損など
あちこちで起きております。
心よりお見舞い申し上げます。

さて、去る8月29日水曜午後1時半~3時まで
藤谷クリニック恒例の保護者交流会
開催させていただきました。
テーマは「災害時の食の備え、アレルギー対応について」。

アレルギーのあるお子さんとご家族が
被災時に必要な知識を
藤谷宏子先生とともにお伝えいたしました。

先生からは、小さなお子さんでも
持ち出せる小さなリュックに
・アレルギーの頓服薬、
・エピペン(処方を受けている方)
・塩タブレット、
・キャンディやこんぺいとう、
・ゼリー飲料などを詰めておけば
アレルギー発症時のとっさの対応や
脱水・低血糖からお子さんを守ることができる
との具体的な提案をいただきました。
避難所はストレスやアレルゲン暴露の機会となりやすく
湿疹などアレルギー症状が出やすくなることが予想されます。
しばらく受診で気ない事を想定して
1週間ぶんは処方薬を余分に持っておかれることもお勧めします。
余分に処方してもらうよう、
受診時に、先生に申告くださいね。

20180907_163036-1867166653.jpg
サインプレートのリーフレット。

20180907_163046-883189689.jpg
お子さんのアレルゲンをわかりやすく表示することで、周囲に協力していただくようにしましょう。

また、避難所などで配られる食品や
炊きだしの調味料にいたるまで
お子さんのアレルゲンが含まれないか
確認する必要があります。
「これ、お食べ」
とお子さんに手渡されることもありますから
お子さんにアレルギーがあること・
アレルゲン食品がわかるように
サインプレートをお子さんの胸に貼るなど
開示しましょう。
小さいお子さんは必ず保護者が確認してから食べるように
お子さんに話すことや
大きくなってきたら
自分でも確認をする力もつけていくことが
大切ですね。

災害発生から3日、1週間、1か月、と
時期によって、
居場所や対応は変容していくことが予想されます。
普段使いの食品を上手に備蓄し
消費した分追加するローリングストック法について
ご説明しました。
備蓄食品については
普通の食品は
最低3日分×家族分、が一般的です。
ですが、アレルギー対応食品については
1週間ぶんをお勧めします。
被災時に自治体や、学会・栄養士会など
関連団体から支給する準備もありますが、
皆さんのところに行きわたるまで
時間がかかることが予想されるからです。

その際にストックできる食品について
藤谷宏子先生や、保護者の方が収集された
アレルギー対応商品の写真や空き袋を紹介すると
参加者の皆さんが参考にと、写真撮影されていました。
会場では27品目を除去した
アレルギー対応クッキーを試食いただきました。
ネット等でまとめ買いもできますし
美味しいと評判なので
普段からストックされていてもよさそうですね。

sketch-1536219799783-2017795177.png
今回保護者の皆様に写真掲載ご許可いただきありがとうございます。お子様のお顔掲載は控えさせていただいております。

今回の台風でも
停電の影響の大きさが明らかになりましたね。
停電すると、冷凍・冷蔵庫・電子レンジは使えませんし
ガスも停まることが予想されます。
よって、熱源として、カセットコンロとカセットボンベ、
お湯をわかせるお鍋の用意をお勧めします。
お湯を沸かせると、インスタント食品・レトルト食品・
アルファ化米といった一般的非常食が利用できます。
今回はポリ袋を使って肉じゃがや、
ご飯をお米から炊く方法もご紹介しました。

↓ポリ袋で炊くごはんのレシピは下記ダウンロードください。
ポリ袋で炊くごはん
非常時持ち出し品や備蓄品といった
一般的な防災知識については、
大阪市が情報発信されています。
下記リンク先から、
わかりやすいリーフレットもダウンロードできますので
ご利用ください。
http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000248454.html

このほか災害発生時は
大阪市のホームページやアプリを通じ
積極的に集めて行かれることをお勧めします。

予想せず背中で受けるボール
ミットを構え
飛んでくることを予想して受けるボール
どちらがダメージが大きいかを考えると
やはり、日ごろから防災について
ご家族みんなで心構えをされることは
とても大切なことだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中